毎日5問のタイピングトレーニングでは無料でタイピングの練習が出来ます。毎日新しく5問の問題が追加されますので継続してゲーム感覚で練習していただけます。

毎日5問のタイピングトレーニング


タイピング練習問題1

人々は簡単なプロセスを数える方法を模索しています。最も初期の時代から、単純で計算力のある計算がプロセスでした。古代メソポタミアでは、そろばんと呼ばれる装置が登場しました。これは人々を助けた最初の電卓です。このデバイスから今日のPCまで、人々は計算ニーズを支援するためにデバイスを使用しました。電卓の歴史は、先祖の主題の小節にまでさかのぼります。abacusはデバイスです。そろばんは時を経て人々のニーズに合わせて変化しました。他の土地、中国、日本、ロシアでは、様々な種類の小銭が出始めました。どちらも同じ原則を使用していましたが、使用方法が多少異なります。

そろばんは加法と減法を行う方法でしたが、それは手作業でした。人々は計算をする方法を探し始めました。19世紀から、計算機を使用して計算を行う際に、多くの改良がなされました。1820年にArithmometerの製作を開始し、商業生産された最初の電卓に変わりました。1800年代を通して、発明者は電卓のコンセプトを改善しました。これには、ウィリアムバローズ(William Burroughs)によるこの印刷用計算機の作成(1886年のコプトトメータと計算機、1892年)があります。20世紀には電卓に数多くの発明がなされ、計算が簡単になりました。

1900年代初期に機械式電卓がよく知られていました。業績は限られていましたが、企業の世界は仕事が楽になるにつれて創造を抱きしめました。1900年代後半、コンピューティングの動向は電卓に移行し始めました。計算のこの技術の進歩は、計算機がより小さくなり、はるかに効率的になりました。

タイピングスタート

※練習用テキストは自動生成されており内容に意味はございません。

2017年10月13日練習問題1のランキング

2017年10月13日のタイピング練習問題一覧

過去のタイピング練習問題

バックナンバーはこちら>>